訃  報

齊藤先生

神奈川大学ラグビー部トータルアドバイザー、神奈川大学名誉教授の齊藤直樹先生が平成31年4月30日未明御逝去されました。
ご家族のご希望もあり、当初は家族葬の予定でしたが、翌日5月1日のお通夜は「お別れ会」として急遽行われる事となりました。
急なことでもあり、参会可能な方々に急ぎ連絡していましたが、連絡が届かなかった方々にはこの場をお借りして、お詫び申し上げます。
わずか1日足らずの時間にも関わらず、お別れ会には各方面から100名以上の方々が齊藤先生との最後のお別れにと献花にお集まりいただきました。
齊藤先生は直腸がんの手術後、2年前の4月の宮陵クラブ総会には元気に復帰され、総会後は集まったOBと快気祝いをするところまで回復されました。その後も現役の試合に足をお運びくださり、3部昇格が決まった入れ替え戦もグランドで多くのOBと一緒に観戦し喜びを分かち合いました。
近年は肝臓へのがん転移もあり、長く療養されていました。
入院中には中山会長や松本監督も何度かお見舞いに訪れ、その際はしっかりした声で会話されていたとの事でした。しかしながら、今年の4月17日に武蔵小杉の病院から都筑区の有料老人ホームに移られ、その後4月30日未明にそちらの施設でお亡くなりになられました。
ラグビー選手として高校・大学と素晴らしい実績を残し、指導者になった後も数多くの学生を育て、トップレフリーとしても日本を代表してワールドカップで主審を務めた齊藤先生が、自国開催のラグビーワールドカップを待たずして逝ってしまわれた事は残念でなりません。
ここに生前のご厚誼に深く感謝し、ご冥福をお祈りすると共に謹んでご通知申し上げます。

尚、7月7日(日曜日)に神奈川大学ラグビー部OBを広く集め、「齊藤先生を偲ぶ会(仮称)」を開催する予定です。当日は中山グランドで毎年恒例のラグビーフェスティバルを行っており、現役選手とのOB戦やグランドイベントを予定していますので、動ける格好で参加していただき、汗を流した後は会場を変えて、偲ぶ会を行い、齊藤先生との思い出を共に語り合う一日にしたいと考えております。
当日のスケジュールや会場は現在調整中のため、詳しい内容が決まりましたら、改めて案内状を全会員に郵送させていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。